HOME | 各種資料メニュー
主要な大会は出来るだけ遡って掲載していますが、完全なものではありません。
正確なものは、必ず主催者におたずね下さい。
なお、2000年以降の結果は、 日本体操協会公式サイト に充実しています!
国内二大タイトル
団体・個人総合・種目別決勝。
2009年度大会より、春に個人総合、秋に団体と種目別を行うことになった。
個人総合のみ。
代表の最終選考会を兼ねているが、代表年齢に達しない選手もNHK杯には出場できる。
年代別タイトル
 全日本シニア選手権(旧・全日本社会人選手権)
例年9月頃。社会人・院生(または学連登録しない学生)の大会。一部・二部に分かれる。
2014年に大会名称が変更された。
例年8月。学生チャンピオンを決める大会。一部・二部に分かれる。
例年8月。一部・二部選手権に分かれる。ABクラス決勝は、東西大会の上位者が出場できる。
ここでの「ジュニア」は小学生から高校3年生までを指す。
また、所属クラブが連盟に加入している必要がある。
[参照] 全日本ジュニア体操クラブ連盟
例年8月。インターハイ。
例年3月、年度最後の試合。個人総合のみ。
高体連主催の試合成績により、個人と都道府県に出場権が与えられる。
例年8月。中体連による大会。
日本国内の国際大会
1974年に女子の大会として創設され、1985年大会より男女。
現在は、隔年9月に横浜文化体育館で開催。
1970年創設、2004年を最後に休止。個人総合・種目別の国際招待大会。
JAPAN CUP ( 2009, 2010, 2011 ) | 豊田国際 ( 2007 〜 現在 )
そのほか、スポーツフェアなど過去に行われていた国際大会の結果
国民体育大会
古くは開催県が有利・・・と言われた国体の体操ではありますが

その他・現在更新していないもの
その年により選考方法が異なる。
2009年度以降は、全日本個人総合が春に移動して二次予選になった。

注 : リンク先は古いファイルになります!!